松坂大輔の高校時代の成績や動画は?現在の体重やエピソードも!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、松坂大輔選手について記事を書いていこうと思っている。

 

この記事では、高校時代の成績や動画について紹介していくぜ!

 

また、2018年現在は中日ドラゴンズに在籍しているので体重やプロ野球選手になるまでのエピソードについて書いていくので最後まで見ていってくれ!

 

 

スポンサードリンク




 

松坂大輔の高校時代の成績や動画は?

 

高校野球ファンなら松坂大輔選手の快挙に関しては、聞いたことがあるかもしれないが振り返ってみて欲しい。

 

神奈川県にある野球名門校である横浜高校に進学することになる。

 

横浜高校に進学して野球を出来ている時点で、相当野球が上手なことが分かる。

 

では、平成の怪物と言われた松坂大輔投手の高校時代の成績について紹介していこうと思う。

 

1年の夏に激戦の神奈川大会を勝ち抜き、夏の甲子園に出場することが出来た。

 

初戦の相手は、京都府代表の北嵯峨高校との対戦となったが3-1で勝利を収めている。

 

しかし、2回戦の相手は福井県代表の福井商業との対戦で4-8と黒星となり早くも甲子園を去ることになった。

 

翌年の1997年2年生の夏、神奈川県予選大会準決勝で横浜商業と対戦した松坂大輔投手は、暴投をしてしまい横浜高校はサヨナラ負けを喫することになるんだ。

 

自信の暴投で試合が負けてしまったことと、先輩の最後の夏を終わらせてしまったことで試合後は呼吸困難になる程、号泣したそうだ。

 

 

松坂投手は練習嫌いとして有名であり、チームメイトからは「サボりのマツ」とあだ名がつく程であった。

 

しかし、人が変わったかの様に練習に打ち込み2年の夏の甲子園が終わった後に開催された明治神宮大会では、見事優勝を果たす。

 

松坂大輔投手は、1回戦 豊田西高校(愛知県代表)5-1で勝利、準決勝 国士館高校(東京都代表) 5-2で勝利、決勝戦 沖縄水産高校(沖縄代表)5-3と3試合に登板して夏の神奈川県大会予選で味わった悔しさを晴らすことが出来た。

 

明治神宮大会で優勝したことにより、3年の春に開催された選抜に出場する。

 

初戦の相手は、報徳学園(兵庫県代表)6-2で勝利、3回戦 東福岡(福岡代表)3-0で勝利、準々決勝 郡山高校(奈良県代表)4-0で勝利、準決勝 PL学園(大阪代表)3-2で勝利、決勝 関大一高校(大阪府代表)3-0で見事優勝を果たす。

 

春の甲子園は松坂大輔投手が一人で投げぬいての優勝になるんだ。

 

念願であった春の甲子園で優勝が出来た際は、相当嬉しかっただろうな。

 

当時のPL学園は優勝候補の一角とも言われた学校であったが、何とか投げぬいて勝利を収めることが出来た。

 

2年の夏に味わった敗退の悔しさを味わいたくないと言う一心であったのかもしれないな。

 

松坂大輔投手も3年生の夏を迎えることになり、何とか神奈川県大会予選を勝ち抜くことが出来たんだ。

 

予選も松坂大輔投手が一人で投げぬいて見事、甲子園の切符を獲得することとなった。

 

1回戦の相手は、柳ヶ浦高校(大分県代表)6-1で勝利、2回戦は鹿児島実業高校(鹿児島代表)6-0で勝利、3回戦は星稜高校(石川県代表)で5-0の勝利となった。

 

 

スポンサードリンク




 

続いては準々決勝になるんだが、PL学園(大阪府代表)との対戦。

 

このPL学園との対戦は、高校野球史に残る戦いとなるんだ。

 

4番でエースナンバーであった松坂大輔投手は、初回の立ち上がりを責められPL学園にリードを許すことになるんだ。

 

一度はリードされるも、中盤に何とか横浜高校が追いつくことになるんだ。

 

9回では決着が付かず、延長戦に突入することに。

 

16回まで決着が付かず、延長17回に松坂大輔投手との幼なじみである常盤選手が勝ち越しの2ランホームランを放ち勝ち越すことに成功。

 

 

連日連戦の松坂投手を助けたいという一心で打ったと思う。

 

その裏のPL学園の攻撃を見事に交わして、9-7で横浜高校が勝利を収めることになるんだ。

 

250球の投球で疲れ果てたと思うが、春夏連覇に向けて大きな自信に繋がったことは間違いないだろう。

 

試合時間も3時間37分と言う長丁場であった。この試合を受けて、甲子園の延長戦は15回までになるきっかけとなった試合でもあったんだ。

 

炎天下の中で長時間野球をプレーすることが危険視され、15回でも決着が付かない場合は翌日に再試合と言う規定が作られることになった。

 

続いての、対戦は250球を投げぬいた翌日であり甲子園常連校の明徳義塾高校(高知県代表)との対戦となった。

 

さすがに前日に250球を投げた松坂投手は先発出場することはなくレフトでスタメンとなった。

 

 

試合は、6回を終わって5-0で明徳義塾高校がリードする形になった。

 

横浜高校が先発出場していたのは2年生の後輩ピッチャーであり、7回を終わっても5-0のままで試合がこのまま終わってしまうのかという空気が流れていたそうだ。

 

松坂大輔投手も後日談で当時の試合のことを語っていたが、前日に死闘を繰り広げたPL学園に申し訳ないという気持ちが溢れてきたそうだ。

 

確かにそうだよな。PL学園としては勝った横浜高校に優勝して欲しいと思っていただろう。

 

なのに、翌日0点に抑えられている試合を見たら何してんだよと思うだろうしな。

 

8回の裏に横浜高校の攻撃になり、明徳義塾高校のショートのエラーによる出塁により一気に2得点を獲得することになる。

 

もう完全に流れは明徳義塾高校に流れていたかに見えたが、一気に横浜高校に流れがくることになった。

 

この回一気に4得点を獲得して4-5となり、後1点で横浜高校が同点まで追いつくことになった。

 

9回の表に前日250球を投げぬいた松坂大輔投手が登板することが分かると、甲子園球場が一気にざわついた。

 

9回での球速は146キロをマークしており、とんでもない速さに明徳義塾高校も3者凡退となった。

 

9回で146キロのボールを投げれるなんて普通の高校生とは思えない力を発揮している。

 

しかも、レフトでずっと炎天下の中試合に出場していていきなりその球速だからな。

 

9回裏の攻撃で横浜高校が1点を取らないと試合が終わってしまう中で、先頭打者が出塁。

 

ノーアウト満塁の絶好のチャンスとなった。そのチャンスからタイムリーが生まれ、9回の裏に同点に追いつくことに成功する。

 

なので、後は1点さえ取ればサヨナラ勝ちと横浜高校に取っては絶好のチャンスとなった。

 

その後、松坂投手の打席で送りバントをしてワンアウト2塁3塁となり、次の打者が満塁策で敬遠となる。

 

次の打者が打った打球が二塁手側に上がりボールを補給することが出来ず、ランナーがホームインとなりサヨナラ勝ちとなった。

 

恐らく勝利を確信していた明徳義塾高校のナインは試合が決まった瞬間グラウンドに倒れたまましばらく立ち上がることが出来なかったそうだ。

 

甲子園常連校である明徳義塾高校は高校時代のほとんどを野球に捧げて来て、後1歩の所で甲子園優勝を目の前に掴むことが出来なかった。

 

本当に甲子園という場所は、ゲームセットの掛け声が掛からない限り最後まで分からないよな。

 

決勝戦の相手は、京都成章(京都府代表)でありこの1勝をすれば春と夏の甲子園連覇を達成することになる。

 

決勝戦の先発は松坂大輔投手であり、決勝戦でノーヒットノーランを達成する。

 

 

決勝戦でノーヒットノーランを達成するのは、史上二人目の快挙となり甲子園の長い歴史に名を刻むことになった。

 

2年の夏に暴投で敗退してしまった次の試合から、高校を引退するまで公式戦44戦無敗ととんでもない記録を残している。

 

二度と負けたくないという強い気持ちが、厳しい練習でもやり遂げることが出来た原動力になったのではないかと思う。

 

高校3年間の成績は以下になる。

防御率 1.12 59登板 34完投 40勝 1敗 423奪三振

 

とんでもない成績を残しているよな。野球漫画の主人公の様なスーパー超人だ。

 

PL学園との死闘や明徳義塾高校との対戦も是非見て欲しい。

 

著作権の関係上、このブログには載せることが出来ないのでyoutubeで検索してみてくれ!

 

 

スポンサードリンク




 

現在の体重やエピソードも!

 

時は流れて2018年は中日ドラゴンズに在籍している松坂投手になる。

 

体重は、93キロと投手としてはちょっと思い部類に入ると思う。

 

高校卒業後は、西武ライオンズに入団して1年目の4月から先発出場することになり高校時代の怪物ぶりをプロになっても披露することが出来た。

 

1999年から2006年までは西武ライオンズに在籍することになり、その後はメジャーリーグも経験することになるんだ。

 

怪我も多くなり、2015年に日本のプロ野球に復帰して現在に至ることになるんだ。

 

一時期は松坂大輔はもう終わった。過去の人だとネットでかなり言われていたが2018年からは中日ドラゴンズに在籍して37歳となった今でもマウンドに上がって野球を続けているんだ。

 

管理人ももう過去の人だなと思った時期もあったが、見事復帰してくれた!

 

やはり高校時代に味わった栄光をもう一度味わいたいと思ったのかもしれないな。

 

恐らく今の子供は松坂大輔投手と言ってもあまりピンと来ないのでは無いかと思う。

 

自分の名前を小さい子供でも知って貰える様に野球を頑張って行きたいと語っているのを見て、どんな状況に陥っても這い上がってこれるだけの精神力があるんだなと感心した。

 

これからどうなるかは誰も分からないが、同行はこのブログで追っていきたいと思う!

 

【まとめ】

  • 松坂大輔投手の高校時代の成績は、春と夏の甲子園で優勝。
  • 高校3年間での成績は、防御率 1.12 59登板 34完投 40勝 1敗 423奪三振
  • 動画は各自でyoutubeで検索してみれくれ!
  • 体重は、93キロとちょっと重いきがした。
  • エピソードは高校時代の経験が今になっても生きていると思う。

 

スポンサードリンク




【関連記事】

松坂大輔は仮病なの?怪我の原因はファン?2019年1軍復帰時期と成績も!

松坂大輔が中日ドラゴンズでの成績や年俸は?球種や球速についても!

松坂大輔の子供時代画像はあるの?実家や家族構成について紹介!

松坂大輔の甲子園成績が凄い!決勝戦やキャッチャーは誰なの?

松坂大輔の2017年11月の現在!ソフトバンクを退団して今後の進路は?

松坂大輔の2017年8月現在の姿とは?契約延長で引退は再来年以降に!

松坂大輔の2017年7月現在は?怪我の状態やリハビリはどうなのか調査!

松坂大輔の2017年6月の現在の状態とは?復帰の時期はいつのか紹介!

松坂大輔の苦悩はなぜ?離婚の噂もあるが生活の真相は?

松坂大輔が太りすぎの原因は嫁?2017年の体重もチェック!

松坂大輔の2017年5月現在は?球速が二軍並と噂だが復活はある?

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です